一般の方がポンプと言うと、
見た事ある人でも非常に小さいポンプになるかと思います。ラフティングでは、バレルポンプと言う非常に大きなポンプを使用します。

取扱にはかなり注意が必要です。

1、日本国内ではほぼ手に入らないサイズなので、
紛失、破損した場合、非常に小さいポンプでボートを膨らまさなければいけない。

2、水が入ると、もれなくボートにも水が入り、ボートが非常に重くなる。

3、砂が入ると、もれなくボートにも砂が入り、ボートが重くなる。
また、ポンプ内のシーリングゴムが砂で破損して空気が入れられなくなる。

こんなヤツです。

小さな奴は、DIYなどの浮き袋コーナーとかでも買えますが、作業はめちゃくちゃ大変
です。たたんだ状態のラフトボートを膨らますのは苦痛なので、電気ブロアーである程度膨らませてからポンプで微調整します。

こいつがブロアーです。

FC2ブックマークへ追加 newsing it! Googleブックマークに追加 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 試験にはでない重要アイテム:バレルポンプ Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 試験にはでない重要アイテム:バレルポンプ このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr @niftyクリップに追加